Sunday, September 11, 2016

<森の集団ストーカーの死>


アジャンタ石窟壁画「水牛本生」

Picture borrowed from: 4travel.jp/travelogue/10054757

 1匹の猿が木からおりて、水牛の背中に乗った。そしてその上で大小便をしたり、角をつかんでぶらさがり、しっぽをつかんで動かしたりして遊んだりした。水牛は、忍耐の心と慈しみの心と憐みの心を具えていたので猿の狼藉を気にかけなかった。
 ・・・ある日、樹神が木の幹に立って、
「水牛王よ、あなたはどうしてこの悪い猿の侮辱をがまんするのですか・・・やめさせなさい。」
 これを聞いて水牛は、
「もしも私があの猿の罪過を耐え忍ばないとすれば、どうして私の願いが成就するでしょう。あの猿は他の水牛をも私と同じように考えて同じように狼藉をするでしょう。それから・・彼らは猿を殺すでしょう。それは他の水牛による猿の死です。そうなれば私にとっては猿から受ける苦しみもなくなるでしょうし、また殺生する必要もなくなるでしょう。」
 数日後に忍耐のある水牛は別の場所に行った。別の水牛が木の根元に立っていた。すると猿は同じ水牛だと考えて狼藉をした。その水牛は、猿を地面に落とし角で心臓をつきさして、足で踏み付けて粉々にしてしまった。
 忍耐、慈しみ、憐みの心を持っている水牛が前世の釈迦であった。(p.p.69-71)

田辺和子『仏教物語ジャータカを読む㊦』



アジャンタ石窟壁画「水牛本生」

Picture borrowed from:ignca.nic.in/jatak007.htm


 これはまさに<森の集団ストーカーの死>。遠い輪廻の記憶を辿ってみれば、この教訓に強いデジャヴュのような郷愁を感じる集団ストーカー犯罪者の諸君も多いのではないだろうか。なぜなら、どんなに立派な肩書や所有物で外見を取り繕っても、集団ストーカーをやる者は人間の祖先がまだ木の上で生活していた頃から、心の進歩が全くなく、何千萬年も時間が止まっているようなものなのだから。「意馬心猿(monkey mind)」とは実に的確に、その状態を表している。
 このお話を聞いて、その昔、しっぽがはえていた尾骶骨のあたりが、むずむずしてはいないか?

 あなた、集団ストーカーやめますか?
 それとも・・・人間やめますか?


Monday, September 5, 2016

『死ぬときに後悔すること25』

 カール・ベッカー氏は著書で、世界で一番死を恐れているのが現代日本人なのではないかと示唆している。無論、戦前はそのようなことはなかった、けれども今は一番恐れているというのである。そしてその理由として、来世に対する信仰が薄くなったことと不可分ではないだろうと指摘している。

     ******************************

 余談だが、面白いことに死期が迫って宗教に帰依しようとする人々の中に、医者が少なくないのである。医者は(もちろん個人差はあるが)、なかなかに業が深い仕事である。どの世界でもそうだが、偉くなるような人々は、ぱっと見「政治家」のような清濁併せ飲むというか、むしろ濁流のただ中に泳ぎ続けているような雰囲気の人も少なくない。偉いお医者さんも、極めて人間くさく、人間の持つ様々な業を体にまとっている雰囲気がある。そして一見、宗教心からほど遠いような印象がある。
そのような生臭い(失礼!)方たちが、キリスト教などの洗礼を受けることがよくある。地位がある人や、逆に犯罪を犯した人も、洗礼率が高いようだ。きっと彼らにとっては切実なのだろう。

      ******************************

 正直、死を前にすれば貴賤や地位の高低等全く関係ない。それまで社会的に大成功をおさめていた立派な社長が泣き叫んだりする。逆に、普通人極まりない(ように見える)人がまったく死に臨んで動じなかったりする。

 案外、得るものが多かった人間は、失うものも多く、だから最期に何かにすがりたくなるのかもしれない。

     *******************************

 とはいえ、終末期になって焦って宗教を求めても、天国や来世を得ることはできても、心の修業は成るかというと微妙かもしれない。やはり健康なうちから、もっと死生観のみならず宗教についても知り、学び、考えておくのが望ましいのではないか。


大津秀一(医師)『死ぬときに後悔すること25』
(p.p.198 - 204)