Saturday, January 21, 2017

殺人など不幸を助長する仕事に手を染めて

加害者による内部告発(殺人)

2ちゃんねる掲示板に「自殺を促す仕事に関与した私の懺悔」という加害者と思われる書き込みがありました・・・

「情報収集の結果・・・・我々工作員はこの2つの情報から以下の工作を行うことにしました。・・・・ターゲットは、その後ビルの屋上から飛び降り自ら命を絶ったそうです。運悪く最後にターゲットに不幸を働きかけたのはこの私だったのです。この人を殺したという罪の意識にさいなまれここ(2ちゃねんる)へ書き込みました。多くの人達、特に若者達にこの事実を記憶の片隅にでも置いて頂いて、 殺人などの不幸を助長する仕事に手を染める悲劇を未然に防ぐ事だと 気付いたので生硬ではありますがこの文章を書きました。 この文章が官僚の目に留まり国に働きかけてこのような悲惨極まりない仕事を日本から追放してくれることを心から願っています。」

安倍幾多郎 『集団ストーカー認知・撲滅』


これを読んだ集団ストーカー犯罪者諸君も人殺しを懺悔して贖おう。

「あなたは人を殺したのですか」「はい」

 米海兵隊員としてベトナム戦争に従軍し、その体験を語り続けたアレン・ネルソンさんという方がいました。
・・ベトナムで大勢の人を殺したネルソンさんは除隊後、心的外傷後ストレス障害(PTSD)に苦しみました。悪夢にうなされ、一時はホームレスになったそうです。
 あるとき、同じ高校出身で小学校の教諭になった女性に出会い、戦場での体験を話してほしい、と頼まれました。ネルソンさんは小学校に出向き、自分の体験を語りました。
子供の一人がネルソンさんに、「ネルソンさん、あなたは人を殺したのですか」と聞きました。ネルソンさんは「はい」と答え、涙をこぼしました。子どもたちは「かわいそうなネルソンさん」と言い、ネルソンさんと一緒に、抱き合って涙を流したそうです。
・・このとき、子どもたちが一緒に涙を流しながら抱きしめてくれたことで、ネルソンさんの気持ちが救われたといいます。


中下大樹『悲しむ力』

集団ストーカ諸君人殺

Monday, January 16, 2017

苦悩に満ちた顔で亡くなる

40代Tさんという男性患者さんのことも、忘れられません。がんが全身に転移し、食事も自力では食べられなくなり、いよいよ最期のときが近づいていました。・・体調が急変し、ゆっくりと絞り出すような声で私にこう言ったのです。

「・・今まで好き勝手に生きてきたツケが回ってきたんだ。俺の人生はいったい何だったんだ?・・」

・・Tさんが今までどんな人生を歩んできたのか詳しいことは知りませんが、なにかを悔いていることだけは伝わってきました。その日の深夜、Tさんは目をカッと見開いたまま亡くなりました。その顔は苦悩に満ちたTさんの生涯を物語るような険しいものでした。

中下大樹『悲しむ力』